お問い合わせはこちら

バックオフィスのクラウド化

クラウド会計導入支援

弊所は、「MFクラウド会計公式パートナー」「freee認定アドバイザー」 です。
従来の会計ソフトはパソコンにアプリケーションをインストールして、会計データを入力してパソコン内に保存するというものでした。
クラウド会計は、インターネットを通じてアプリケーションにアクセスし、クラウド上で処理・データ保管することで場所や端末(パソコン/ タブレット/ スマホ等)を問わず同じ情報にアクセスできるサービスです。

MFクラウド
MFクラウドは、個人事業主、中小企業のあらゆるバックオフィス業務に関して、クラウドサービスとしてのソリューションを提供することで、業務の効率化と生産性の上を実現し、将来的にはクラウド型のトータルERP ソリューション提供を目指しています。
freee
無料から使える、シェア No.1 のクラウド会計ソフト freee(フリー)。初めての決算書作成や確定申告も、簡単に行えます。中小企業の経理・会計を自動化し、時間を削減。消費税増税やマイナンバー制度など税制・法制改正に無料で自動対応するから安心。

クラウド会計のメリット

インストール不要
従来の会計ソフトと違い、インストールする必要がないので、パソコンの容量を使いません。
バージョンアップの必要もなく、常に最新のシステムを使うことができます。ウド型のトータルERP ソリューション提供を目指しています。
自動取り込み
銀行やクレジットカードの取引データをインターネット上から取得して、自動で仕訳を行います。
銀行取引やクレジットカードでの決済を主流にすることで、業務の効率化が図れます。
科目提案
AIが仕訳データを学習して、勘定科目を自動提案してくれます。
過去の取引データが多いほど精度が増すため使えば使うほど入力作業がラクになっていきます。
どこでもアクセス
インターネットに繋がる環境と端末(パソコン、タブレット、スマホなど)があれば、どこでもデータの入力・閲覧が可能です。
※Macにも対応しています。
クラウドシステム連動
AirREGIやスマレジなどの他のクラウドシステムと連動できるため、売上日報なども自動取込ができます。
業種によってはそれらを組み合わせることで、業務の大幅な改善が図れます。
バックアップ不要
会計データはクラウド上に保存され、そのデータは会計システムメーカーによりバックアップがとられています。
自社の据置サーバーにバックアップをとるより安全にデータを保管できます。

クラウド会計導入のネック

  • 自計化している場合、慣れるまで使いにくく感じる
  • 顧問税理士が対応できない可能性がある
  • セキュリティに不安が残る